So-net無料ブログ作成
検索選択

公園でモクモクやめて…東京・北区が自粛求める(読売新聞)

 子供たちが集まる公園で、たばこの煙による「受動喫煙」の被害を受けたとして、住民の父娘から10万円の損害賠償を求める訴訟を起こされたことをきっかけに、東京・北区は児童遊園からの灰皿の全面撤去や、利用者に喫煙の自粛を求めることなどを決めた。

 厚生労働省も今月25日、屋外でも子供が多く利用する場では、受動喫煙の防止策を取るよう自治体に促す通知を出しており、同様の取り組みが全国に広がる可能性が出ている。

 東京・北区のJR赤羽駅近くにある区立赤羽公園。週末は親子連れが目立つ中で、ブランコ近くに設置された灰皿の周りには、紫煙をくゆらせる大人たちの姿があった。

 「たばこを吸えるスペースは減っている。公園は子供たちだけのためのものではなく、一服できる場所があってもいいのでは」

 一家6人で訪れていた喫煙派の会社員男性(40)はそう語ったが、5歳の長女を遊ばせていた女性(32)は「たばこの煙はとても気になる。子供に吸わせたくない」と迷惑そうだった。

 ◆行き場を失い、喫煙所に◆

 健康増進法では、学校や官公庁など多くの人が集まる施設の管理者に、他人がたばこを吸うことによる受動喫煙の防止策を求めている。しかし、屋外の公園は対象外のため、路上喫煙が禁じられた愛煙家が“行き場”を失い、地域の公園が「喫煙所」になっているという声も聞かれる。

 北区は昨年11月、区内の会社員男性(31)と長女(3)から、公園の禁煙化と灰皿の撤去を求めてきたのに十分な対策が取られていないとして、10万円の損害賠償を求める訴訟を起こされた。東京地裁の審理では、「たばこの煙を吸わされ、目やのどなどの痛みにさらされた」と主張する男性に、区は「煙と痛みとの因果関係が不明」として訴訟では請求の棄却を求めている。

 ◆灰皿撤去も◆

 その一方で、区はこの訴訟をきっかけに、灰皿が設置されている区内の49の公園や、20の児童遊園の運営を見直すことを決定。「子供のための場所で、喫煙できるのは理屈が通らない」(道路公園課)として、まず今月5日から、児童遊園の灰皿計32個の撤去を始めた。区立公園に設置された計314個の灰皿についても、遊具の近くは撤去し、利用者には喫煙の自粛を呼びかける方針だ。

 厚生労働省が学校や飲食店などでの原則全面禁煙を求めた今月25日の通知には、公園や通学路など、多くの子供が利用する場所での受動喫煙の防止措置が必要という指摘も盛り込まれた。

 同省が屋外での対策を促すのは初めて。佐賀県嬉野市でも昨年12月から27公園のうち10公園を全面禁煙とし、残る17公園では分煙化を図っており、他の自治体でも追随する動きが出るかどうか注目を集めそうだ。

iTunes利用で不正請求トラブル相次ぐ(読売新聞)
クレーン横転 病院建設現場で1人死亡、3人重軽傷 長野(毎日新聞)
鳩山首相 政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
<職能総合大学校>厚労相が売却方針固める(毎日新聞)
「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも−警察庁(時事通信)

警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を… (産経新聞)

 警視庁は23日、スーパーでの万引事件捜査で、西新井署が都内の40代女性を誤認逮捕していたことを明らかにした。同署は同日、窃盗の疑いで、東京都足立区の女(39)を逮捕した。

 同庁によると、昨年12月20日、同区内のスーパーで、女がコードレスアイロンなど計15点(約3万2000円相当)を手提げ袋に入れ店外に持ち出した。女は自転車で立ち去ろうとしたが、警備員に声をかけられたため、自転車や手提げ袋を残したまま逃走した。

 同署が自転車の所有者である女の家に電話すると、夫は「妻は『自転車を盗まれた』と言っている」と説明。同署は防犯カメラの映像や警備員の証言から別の40代女性が万引したと判断、1月26日に逮捕した。

 女性は容疑を否認、同署は翌27日に釈放して任意捜査に切り替えていた。女と女性は身体的特徴が似ていたという。同庁は「誠に申し訳なく心からおわびする。このような事案がないよう、指導監督を徹底していく」としている。

【関連記事】
神奈川県警旭署がまた誤認逮捕 大麻と思い込み男性を
当て逃げ事件で誤認逮捕 兵庫県警長田署
米FBI、同時テロでの誤認逮捕で賠償金2300万円支払う
傷害で誤認逮捕も検査で覚醒剤 使用容疑の無職男逮捕
ビール飲んで和解しよう! オバマ大統領、黒人教授誤認逮捕で両者招き懇談

まちを彩る和傘と竹の明かり=熊本〔地域〕(時事通信)
<全日空>定期点検怠り欠航 羽田−三宅島など(毎日新聞)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
普天間移設先月内取りまとめ 官房長官「防衛相と合意していない」(産経新聞)
現行法の解釈で業務範囲拡大を―チーム医療協議会(医療介護CBニュース)

艦載機の岩国移設は「変更なし」北沢防衛相が地元に説明(産経新聞)

 北沢俊美防衛相は20日、山口県岩国市に福田良彦市長を訪れ、在日米軍再編に伴う岩国基地(同市)への空母艦載機移駐計画について、「計画の変更を地元にお願いしたことはない」などと述べ、前政権が決めた移駐方針に変更がないとの考えを伝えた。

 福田市長は「『米軍再編見直し』を掲げた民主のマニフェスト(政権公約)を受け、岩国基地の計画変更に期待した市民も多く、地元に混乱を与えた政府の責任は大きい」と苦言を呈した。北沢防衛相は住民との対話集会で、移駐に伴い米軍住宅の建設が計画されている地域の用地取得費を来年度予算案に計上した経緯などを説明した。

 岩国基地は、在日米軍再編に伴い、厚木基地(神奈川県)から米空母艦載機部隊59機を平成26年までに移駐させる計画で日米両政府が18年に合意した。

【関連記事】
岩国基地の軍民共用化 空港ビルは三セクで設立
防衛相、岩国訪問へ 米軍再編計画で市長と面会
米軍大尉、倉庫の屋根に上り逮捕 岩国
普天間飛行場、岩国基地と並ぶ大規模な海兵隊航空基地 ヘリ61機常駐
これが海上自衛隊の新型救難飛行艇「US−2」だ 

石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)
五輪カーリング 近江谷選手、2代挑戦「父の5位超える」(毎日新聞)
買い物客らに車突っ込む 広島・福山の駐車場、7人重軽傷(産経新聞)
<五輪スノーボード>「応援に感謝」…国母が帰国(毎日新聞)
自民党、鳩山首相の母の出張尋問も考慮に…町村元官房長官が表明(スポーツ報知)

ユキヒョウ 世界最高齢、パトラ死ぬ…名古屋・東山動物園(毎日新聞)

 名古屋市千種区の東山動物園で飼育されていたユキヒョウのパトラ(メス=体長124センチ、体重32キロ)が15日、老衰のため死んだ。21歳9カ月で、世界最高齢だった。飼育世界記録(22歳5カ月)の更新も間もなくだっただけに、動物園関係者も落胆している。

 ◇メス、21歳9カ月

 パトラは88年5月に同動物園で生まれた。園内ではオスのヒサオ(08年に死ぬ)の間に3頭の子をもうけ、各地動物園に贈られた。子孫も繁殖を続け、東山にいるコハク(オス、08年生まれ)はひ孫に当たる。

 最近は寝て過ごすことが多かったというパトラは10日ごろから食欲が落ち始めた。13日から抗生物質の投与が続けられたが、15日未明に死んだ。

 ユキヒョウは中央アジア高地に分布。美しい毛皮のために乱獲され、国際自然保護連合から絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。国内の動物園では08年末現在、パトラを含め26匹が飼育されていた。【山田一晶】

【関連ニュース
雑記帳:10歳トラが成人式、祝いのケーキは馬、鶏で
スマトラトラ:母子の撮影成功 森林伐採で絶滅懸念
雑記帳:ベンガルトラのユパ、寂しい年明け 宇都宮動物園
雑記帳:寅年こそ嫁取り 大分の三つ子ベンガルトラ
雑記帳:トラと一緒に記念撮影 香川の動物園で人気

【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(上)エコ・テロリスト (産経新聞)
総務相が「次官」残し了承、でも将来廃止が条件(読売新聞)
慢性疾患の2分野を「認定看護師」に追加―日看協(医療介護CBニュース)
収容少年に強制わいせつ容疑=少年院教官を逮捕−神戸地検(時事通信)
<化学物質過敏症>後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で(毎日新聞)

<人権活動家>上海に到着、入国許可される(毎日新聞)

 【上海・鈴木玲子】中国政府に帰国を拒否され、抗議の意思を示すため約3カ月間、成田国際空港の制限エリアに滞在した上海の人権活動家、馮正虎(ひょう・せいこ)氏(55)が12日、上海の浦東国際空港に到着し、入国を許可された。同日夕、自宅に戻った馮氏は報道関係者を前に「戻れてうれしい。(自分の国に戻ることは)中国人の最も基本的な権利だ」と話した。

 空港には馮氏の支援者や報道関係者が集まったが、馮氏は当局によって通常とは別の出口から出され、当局の車で自宅に送られた。自宅付近には当局者が待機し、自宅前に監視カメラが設置されるなど緊張が漂った。

<殺人未遂>男子高校生刺した容疑 男から事情聴取 徳島(毎日新聞)
オウム新実被告の死刑確定(産経新聞)
<金元死刑囚>めぐみさんに「会った」と証言 日本政府に(毎日新聞)
<東京7歳児虐待>静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ(毎日新聞)
<追い出し屋>国交省が規制法案、家賃保証業者に登録義務(毎日新聞)

高齢資産家から現金詐取、兵庫県臨時職員を逮捕へ(読売新聞)

 資産家の高齢女性から借金名目で現金を詐取したとして、兵庫県警明石署などは、明石市内に住む県臨時職員の女(47)について詐欺容疑で逮捕状を取った。

 11日にも取り調べ、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 女は2000年5月〜09年1月に約480回、計約7900万円を受け取ったとみられ、同署などは、詐欺罪の公訴時効(7年)にかからない約7600万円について余罪として追及する。

 捜査関係者らによると、女は09年1月25日、「借りた金は全額返済する。本当にこれが最後」と持ちかけ、同市内の路上で、知人女性(84)から10万円をだまし取った疑いが持たれている。

 女はそれまで、「漢方の薬代が必要」「知人の事業に資金がいる」などと金を貸すよう求め、1回約150万〜3万円を借りていたとされる。

 女性は、会社を経営していた夫(死亡)の遺産を相続。現在、滋賀県在住だが、以前は明石市内で女の近所に住んでおり、「長い付き合い。兵庫県庁勤めで信用してしまった」とし、女からは「県職員だった母の退職金があるから大丈夫」などと言われていたという。

 一方、女性は貸した金を家計簿で詳細に記録しており、これらをもとに昨年3月、女を告訴。翌4月には損害賠償を求めて神戸地裁明石支部に提訴した。訴訟記録によると、女は、借りた覚えがあるのは一部だけ、とし、だましたつもりはない、と主張している。

実質年3.46%の高い伸び=昨年10〜12月期GDPの民間予測(時事通信)
施設運営理事長らを逮捕=老人ホーム10人死亡火災−業務上過失致死容疑・群馬県警(時事通信)
男児暴行死の父、強盗に関与か=静岡の事件で逮捕状−県警(時事通信)
HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)
土星の南北両極にオーロラ=ハッブル宇宙望遠鏡が観測(時事通信)

泌尿器専門医が講演 ヘルスケアセミナー 新宿区(産経新聞)

 中高年に向けたヘルスケアセミナー「泌尿器専門医に聞く『近ごろあれっ?』と思う方のために」(産経新聞社主催、日本新薬協賛)が13日、新宿西新宿の新宿明治安田生命ホールで開催された。

 堀江重郎(しげお)帝京大教授と後藤百万(ももかず)名古屋大学院教授が、元気に過ごす秘訣(ひけつ)や加齢に伴う泌尿器の問題への対処法について講演。堀江教授は「旬の食材を食べたり、適度な運動をすることで、健康にいいホルモンが増える。ハツラツと元気に生きるために実行してほしい」と話した。

石川議員離党で首相「熟慮を重ねての判断」(読売新聞)
<シャトル>山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」(毎日新聞)
<足利事件>検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)
首相動静(2月8日)(時事通信)
続投に国民の厳しい評価、小沢氏は強気の姿勢(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。